たどり着く本好き 2

遠い所からまたまたブログを見て
迷いながらたどり着いてくれました。
昨年の高遠ブックフェスティバルにも行かれた本好き姉妹!
ブックカフェにも詳しく、愉しいひとときでした。

本も3冊連れて行ってくれました。ありがとう!

それで、ちょっと、「愉しいお知らせ」をしたいので
私たちの事だと思ったあなた、お電話いただけると
嬉しいのですけれど(笑)

本日の石引+  天才伝説横山やすし 小林伸彦 文春文庫
        
      エンタツ・アチャコは万歳がタブーとしていたことを三つ破ったといわれる。
       a 二人が紋付姿でなく、背広だったこと。
       b エンタツがロイド眼鏡をかけていたこと
       c エンタツがチョビひげを生やしていたこと。
[PR]
# by nyancafe | 2010-07-11 13:38 | Comments(0)

開店直後
ご近所の素敵なおふたりが初来店。
またまた あうん堂さんがご紹介して下さったらしい。(ありがたい事です)

この「謎の店」の扉を開いた方達だもの、
人生の楽しみ方をよく知ってらして、お話が面白い。
ケーキ作りの話で盛り上がり、なんと翌日焼いてきて下さったのです!
これが程よく甘くて優しいお味。人柄が味に出てます♪
ごちそうさまでした。

「そらあるき」を連れて帰られました。

本日の石引+  もし僕らのことばがウィスキーであったなら 村上春樹 平凡社
      
        彼の樽造りの師匠は一日にきっちりグラスに二杯、ウィスキーを飲んだ。
        それより多くは飲まず、それより少なくも飲まなかった。
        そして九十八歳まで生きた。
       
[PR]
# by nyancafe | 2010-07-09 23:05

本の時間


日々、素敵なお客様が訪れて下さる。
なんだか皆さん素敵だ…

雨の日の午前、男性が一人 本棚を眺めている。
静かなボサノバが雨と私の気配を消している。
「彼の時間」に忍びこんだような気分になる。

「図書館の帰り道です。
 古本屋も好きなので覗いてみました」
 そう言って「新潮創刊100周年記念・名短篇集」を連れて帰られた
 
 忍び込むだけでなく足跡を残したのかも知れない
 
 ここではないどこかでまた出会えそうな気がします
 それは近々、源法院あたりで

本日の石引+  神に頼って走れ!
         自転車爆走日本南下旅日記   高野秀之  集英社文庫
  
    高知市内に近づき「土佐名物 エチオピア饅頭」なる店を発見。
    新奇なものかと思いきや、昭和の初期に先々代くらいの店主が
    「イタリア侵略軍に抵抗するエチオピアに感激して作った」という。
[PR]
# by nyancafe | 2010-07-03 23:02 | Comments(0)

7月のお休み

7月のお休み

 6月は予告なしに早仕舞いしちゃったりして御免なさい
 7月もそんな事があるかも知れぬ…

 月・火定休の他に
 3日(土)午後3時閉店
 25日(日)プレ古本市に居ます
 
 
[PR]
# by nyancafe | 2010-07-01 22:10 | お知らせ

本屋のこと 英進堂


 梅雨入りしたらしい。
 雨の夕方。
 先日から新潟新津でお世話になっている英進堂様ご家族が来沢。
 あうん堂で再会しました。
 
 出品本がちょこっと売れたらしい…売れたのか… 
 まぁいいことではあるね、うん、正直、嬉しい、
 金額の問題ではなくてね、
 何かをした事による結果がね、明確だから。

 英進堂は先代が3坪から始めた本のお店。
 現在は場所を郊外に移し240坪らしい。
 バックナンバー並列展示販売と古本展示販売が私の気に入る。
 衝動買い誘致のPOPも簡潔で見やすく
 本に対する思いが 気合いが 伝わってきます。

 英進堂50周年記念カバー
 まんま 本屋さんのブックカバーで、素敵です。

本日の石引+ WORLD JOURNEY 世界一周しちゃえば? A-Works
      
        すぺては自分が選んでいる
        足踏みしてても、靴の底は減るぜ 
 

 
 
 
[PR]
# by nyancafe | 2010-06-15 23:29 | Comments(0)


岡崎武志氏のブログでNYANCAFE-BOOKSの存在を知り
福井からお客様(S川様・K川様)が来られました!
愉しいお話を聞くうち、12.3年前に金沢市民芸術村での
戯曲講座でご一緒だった事が判明!
いただいた名刺のお名前に見覚えあり。  

扇風機が壊れていたり
氷を入れ過ぎ珈琲が薄くなってしまったり
器用に嬉しさを表現出来なかったり
もう二度とご来店していただけないかもしれない
でも、ここでは無い何処かでまた出会えそうな予感がする
(次回のご来店お待ちしております!
 公演のチラシなど是非お持ち下さい!)

「本・猫・芝居好き」が もたらせた予期せぬ再会
こんな事があるのだなぁ…と、
しみじみと石引の夜は更けるのである

本日の石引+  8万文字の絵 表現することについて  
                 日比野克彦 PHP新書034
       
        美の表現手段として時間というものがあることを
        明確に意識したのは、
        1984年に寺山修司作「時間はサーカスの象にのって」の
        舞台美術を担当したのがきっかけであった。
[PR]
# by nyancafe | 2010-06-12 23:16 | Comments(2)

本日6日お休みします

本日6日お休みします。急でご免なさい。
[PR]
# by nyancafe | 2010-06-06 07:03 | お知らせ | Comments(0)

新津・ふるほん座


 朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってバイトのカルロスくんが
 「あ」と幽(かす)かな叫び声をあげた

 「新津です。新津に行きましょう。」

 店を休むのか?
 とつぶやく私に
 バイト代いりませんし
 車僕が出しますから
             と、いうわけで。今から新津に行きます。
 
 新潟県 新津 「本の店 英進堂 ふるほん座」

  お近くの方(これを読んでいただいてる人はいないと思うが・笑)は
  どうぞ覗いて、出来れば購入していただきたいです。
  
  私が尊敬する「あうん堂」の本があるよー!!!

 いろいろいろいろいろな経緯はまた戻ってからのお話・・・・


  
 

 
[PR]
# by nyancafe | 2010-06-06 07:01 | Comments(0)

月日は

「あっ」というまに過ぎる のではない。
どどどどどどどどどと…過ぎるのである。

5月は変な風邪(だろうと思っていたが)に惚れられ、
気持ちよく別れようとしても、どこか心の隅に角に
密かに微かに忍びよって巣食ってゆくまるで○○のようである
怖い…日々増殖する「何か」に脅えて眠れない…
種々多様な薬により、完治す。(したのか?)

と、軽くいい訳して、自分の無精さを隠すのである。
大人ってイヤネ。

あーそんな訳で 6月ですわ、はは。
で、いきなりですが…続く

本日の石引+ 
        「顔」 松下育男

        こいびとの顔を見た

        ひふがあって
        裂けたり
        でっぱったりで
        にんげんとしては美しいが
        いきものとしてはきもちわるい

        こいびとの顔を見た
        これと
        結婚する

        帰り
        すれ違う人たちの顔を
        つぎつぎ見た

        どれもひふがあって
        みんなきちんと裂けたり
        でっぱったりで

        これらと
        世の中 やってゆく

        帰って
        泣いた



       

 
[PR]
# by nyancafe | 2010-06-04 17:56 | Comments(0)

6月のお休み

6月のお休み

定休の月火と
3(木)午後~
19(土)午後3時~
お休みします。
[PR]
# by nyancafe | 2010-05-30 23:40 | お知らせ