恵みの百年水


そらあるきマップでもおなじみのガケをみながら
d0018868_014198.jpg

除雪されていない雪道 せっせと歩く
d0018868_025030.jpg

福光屋さんの工場
d0018868_03143.jpg

恵みの百年水にたどりつく。
このお水で珈琲を飲むのだ。いつもありがとうございます。
d0018868_05013.jpg

[PR]
by nyancafe | 2012-01-31 10:06 | Comments(0)

そうだったのかルソー

天才の心理学 (岩波文庫 青 658-1)  E.クレッチュマー著、内村祐之訳

ルソーについては
「エミール」と「むすんでひらいて」しか知らなかったが、
この本を読んで「そうだったのかルソー」と思わずつぶやくけだるい午後のNC−Bなのである。
[PR]
by nyancafe | 2012-01-30 15:01 | Comments(0)

30日(月)、31日(火) 営業しています!
ただし、31日(火)は午後5時より「貸切り」です。
[PR]
by nyancafe | 2012-01-29 19:10 | お知らせ | Comments(0)

思い出した本がある。「硝子戸の中」。
探して掘り出す茶色くなった本。好きだったなぁ この本。


空の澄み切った秋日和などには、よく二人連れ立って、
足の向く方へ勝手な話をしながら歩いて行った。
そうした場合には、往来へ塀越に差し出た樹の枝から、黄色に染まった小さい葉が、
風もないのに、はらはらと散る景色をよく見た。
それが偶然彼の眼に触れた時、彼は「あッ悟った」と低い声で叫んだ事があった。
ただ秋の色の空(くう)に動くのを美くしいと観ずるよりほかに能のない私には、
彼の言葉が封じ込められた或秘密の符徴として怪しい響を耳に伝えるばかりであった。
「悟りというものは妙なものだな」と彼はその後から平生のゆったりした調子で
独言のように説明した時も、私には一口の挨拶もできなかった。
       
    硝子戸の中 (新潮文庫) 夏目漱石


 高校生の時、劇団の先輩に
「漱石が苦手なら、これ読んでみたら」と貰った随筆集。
 先輩は《二十一》章を朗唱してみせた
 漱石の姉たちが高田の馬場から浅草の観音様の先猿若町まで船に乗ってお茶の水を越え
 吾妻橋を通り抜けへ芝居小屋へ行くという話。
 当時の私には漱石の随筆というより、その先輩の朗唱に感動したのだけれど、
 大人の階段を上り乍ら、何度も読むうちにジワジワ沁みてくる本になった。
 大正時代の格好いいは今も格好いいのだなぁ、いい本だなぁ、

 解らなくても好きじゃなくても
 薦められた本はたまには読んでみようかなと、思うキッカケ本となった「本」 

 あ、べつに漱石が苦手だったことはありません、
 今度東京にいったら早稲田「猫塚」に久々いってみようっと。
 石垣の雪をぼんやり眺めながら
 こんな事を考えた午前中のNYANCAFE−BOOKSなのである。


  
[PR]
by nyancafe | 2012-01-29 11:25 | Comments(0)

営業中


バイトくんがケーキを焼き、雪かきまでしてくれたので
朝からゆっくり本を読むことができた。


「浜町の旦那から差し入れです。ひとつどうぞ」
黒塗りの丸盆に載った菓子皿に、薄桃色の花を型どった干菓子が咲いている。
ほそぼそと可憐で、見ているうちに何やら情けなくなってくるような風情である。

                 江戸役者異聞  山本 昌代 (河出書房新社)
[PR]
by NYANCAFE | 2012-01-28 12:00 | Comments(0)

文学ケーキといいつつ

ごめんなさい。
明日の 27(金)はお休みです。

ケーキはまた焼きます。
土曜日に美味しい文学ケーキ食べに来て下さい。

 お知らせ
 押忍!手芸部と豊嶋秀樹「自画大絶賛(仮)」
    21世紀美術館で大絶賛開催中!
[PR]
by nyancafe | 2012-01-26 19:10 | Comments(0)

積もったよ、雪

雪かきでつかれた心と気持ちに、
NC−B 本日の甘いもの 文学ケーキ

文学ケーキ(チョコレートケーキ)の効能
  ・カカオに含まれるテオブロミンには自律神経を調整する働きがあるらしいので
   ストレスの緩和、集中力や記憶力のアップを期待できるらしい。

チョコレートの事は描いていないけど、読み物は、
マンボウ雑学記 (岩波新書 黄版 167) 北 杜夫

 ・・・北杜夫・・躁鬱・・ヘミングウェイ・・COVA・・やっぱりチョコつながり?!
[PR]
by NYANCAFE | 2012-01-26 13:13 | Comments(0)


営業しております。
少し本の入れ替えをしてみました。

珈琲かオリジナルスパイス茶で
「玩草亭百花譜」福永武彦文集  おすすめです。 



 
[PR]
by nyancafe | 2012-01-25 10:20 | Comments(0)

NYANCAFE-BOOKS

d0018868_7545627.jpg

[PR]
by nyancafe | 2012-01-18 08:00 | Comments(2)

2012 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 
旧年中は多くのお客様にお越しいただき、まことにありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます

                     NYANCAFE-BOOKS


よろしく申し上げたものの・・・突然ですが
1月はちょっと長めの冬休みをいただきます。
25~31日は月火も休まず営業の予定です。(27日は休みます)

気まぐれでごめんなさい。
こんなNYANCAFE-BOOKSですが、今年も懲りずにお付合い下さいませ。

 
[PR]
by nyancafe | 2012-01-01 12:00 | Comments(0)